×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なつかしの特撮ヒーロー・ウルトラセブンの肖像や怪獣・宇宙人・ストーリーまで
ウルトラセブン Classic World
ウルトラセブンClassic World


 ウルトラセブン解析
ウルトラセブン ストーリー紹介
第16話「闇に光る目」


[ストーリー] アンノン星を調査するために打ち上げられ行方不明となっていた無人宇宙船「さくら9号」が、突然地球に帰ってきた。宇宙船は爆発したが、そんな頃、いじめられっ子の少年ヒロシはその現場付近で奇妙な形の不思議な石を発見する。実はその石こそが、誤解から地球を復讐しようとするアンノン星人の体であったというのだ。ヒロシは宇宙人に「その石を返してくれたら強い子にしてあげる」とささやかれ、夜に一人で地獄山へ行く。



ウルトラセブン ポイント寸評

冒頭いきなり通信隊員があわただしい。アンノン星調査のために打ち上げ、行方不明になっていた宇宙船「さくら9号」が突然地球に戻ってきたのだという。忘れかけていた無人の宇宙船がなぜ・・・。ウルトラ警備隊はダン、アマギ、アンヌの3人が回収作業にポインターで現場に向かうが、彼らの眼前で宇宙船は爆発してしまう。3人が現場を調査していると、ダンは奇妙な音を察知する。アマギ、アンヌには聞こえないようだ。特殊な能力を持っているだけに、正体を隠したいのであれば、もう少し言動には注意しなければ・・・ねっ、ダンさん。2人に不思議がられているではないですか。さらに、画面では岩に巨大な「目」が現れます。何とも神秘的な光景・・・決して「ドロロンえん魔くん」ではありません。これにはまだダンも気づいていないうちに画面は切り替わります。


ここで今回の主役ともいえる少年ヒロシが登場します。ウルトラマン「怪獣殿下」では「殿下」だったのに、この話ではいじめられっ子の役で、「弱虫ヒロシ」と呼ばれているそうです。今日も皆によってたかっていじめられているようですが、ちょっと様子が変です。子供たちはヒロシが持っている妙な形の石を奪おうとしていますが、この日のヒロシはなかなか強気でよほど石を持ち帰りたい様子。そんなとき、突然近くの木にまたもや目が現れ、いじめっ子たちは原因不明の頭痛に見舞われ、病院に収容されますが、ヒロシだけは何食わぬ顔。何かに守られたような形でヒロシだけは無事に帰宅します。


このように突然頭痛か何かに見舞われて苦しむというケースを散見しますが、一体どういう痛みなのでしょうね。偏頭痛のようなものか、はたまた脳波をコントロールされているということか・・・。第1話で人間標本とされ宙に浮いている人たちもおそらくそれに近い状態なのかもしれません。とにかくこの場面、ヒロシだけは何ともないのです。


自宅で部屋に石を持ち込んだヒロシ。そこに何者かがヒロシに話しかける。宇宙人らしいが、その石は自分の体であり、返してほしいという、よくわからないことを言う。もはや宇宙と地球の間に言葉の壁はないらしい・・・(笑)。ここでその宇宙人の目が壁に現れる。先程からの目は宇宙人のものらしい。ところがその声を聞いても目を見ても、弱虫の少年ヒロシは驚かない。勇敢に返答しているし、ちっとも弱虫ではなさそうです。(少々太めの体格から察するとあるいは単に「鈍い」だけなのでしょうか?)宇宙人は少年ヒロシにその石を返してくれれば強い子にしてあげる、という。地球への復讐とか侵略という話に比べたら、随分スケールの小さい話になってしまいますね。題して「がんばれヒロシ君」・・・(笑)。


強くなりたいヒロシはそのとき、石を地獄谷まで持って行くことを決意します。ダンは警察官に捜索隊を出してもらうよう依頼するのだが(そんな必要あるの?)、到着した捜索隊というのが、私服姿の「普通のおじさん」たち。だが、ようやくヒロシを発見したときに再び「目」が現れ、捜索隊は皆倒れてしまう・・・。ここで宇宙人はヒロシに自分たちの地球に来た意図を打ち明けます。送り返された「さくら9号」は、地球の行動を誤解したアンノン星の無言の抗議であったのです。それにしても、子供にそんな話をされてもねえ。ダンがようやくヒロシを取り押さえるが、石は転げ落ちて硫黄ガスの中へ・・・。


このアンノン星人というのはどうやら「目」だけの生命体のようです。「怪獣アンノン」は地球上の岩石に身を預けているだけという、地球を侵略しようというにはあまりにもお粗末な様相。岩石のない星だったら侵略できない、ということですね。もっとも、うまく利用すれば金属や他の生命体、異次元物質なども「体」にできるのかもしれませんが。


宇宙人との交信がフリーになったと書きましたが、ここで驚くべきことが。キリヤマ隊長は唐突にアンノンに向かって「お前は地球に何をしに来たんだ?」脳髄でも電子頭脳でもない、無線や交信機も使わずに、ついに宇宙人とサシでしゃべっています!!あとでセブンがしゃべるのはその能力の特殊性からまだ許せるとしても・・・とうとう地球人もそこまで進化したのですねえ(笑)。結局、前回のペダン星人のお話とよく似たシチュエーション、セブンと宇宙人同士の約束をかわすというところまでも・・・ということはまた裏切って帰ってくるのでしょうか(笑)。


侵略者

  アンノン星人(岩石宇宙人)

侵略目的

  アンノン星調査のための宇宙船に怒る(前回から懲りてない地球)

侵略方法

  宇宙船を爆破 岩石を利用して怪物化

侵略アイテム

  脳波コントロール 怪獣アンノン

防衛軍の対策

  宇宙船の回収やヒロシ少年の捜索 隊長は直談判!


ウルトラセブン選集



ファン必聴のウルトラセブンBGMの決定版。これでセブンワールドを堪能できます。