×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なつかしの特撮ヒーロー・ウルトラセブンの肖像や怪獣・宇宙人・ストーリーまで
ウルトラセブン Classic World
ウルトラセブンClassic World


 ウルトラセブン解析
ウルトラセブン ストーリー紹介
第20話「地震源Xを倒せ」


[ストーリー] 局地性地震の調査にあたったウルトラ警備隊は地球の核を研究するイワムラ博士を訪れるが、頑固な博士はなかなか取り合ってくれない。そんな中、博士と助手のサカキは地球の核を構成するウルトニウムを発見、事態がただごとでないことを悟る。ダンはフルハシ、アマギとマグマライザーで地底へ向かうが灼熱の地底でアクシデントに遭ってしまう。また、アンヌを連れ出したサカキは妙な落し物をする。


ウルトラセブン ポイント寸評

今回は冒頭いきなり雷に打たれます・・・といってもカミナリオヤジ、ではなかった、国際核研究所のイワムラ博士がカミナリを落とす場面です。見ている方は一体何事かと思ってしまいますが、大したことではなく、このイワムラ博士の頑固なキャラクターを示すだけのようです。そして、いきなり怒鳴られるダンとソガの何ともいえない困惑の表情。基地に帰って隊長に報告すると、「やっぱりやられたか」と目算どおり、してやったりの表情。さては隊長、それを知ってて2人に粋な「罰ゲーム」を・・・(笑)。このイワムラ博士は、ヤマオカ長官をも「くん」づけで呼ぶくらいだから、隊長が直談判したところで同じ目に遭ったのではないかとも思われます。話を振られたフルハシも「と、と、とんでもないっ!!」と異常なまでの拒否反応です。昔はこんなカミナリオヤジが多かったそうですが、今となっては貴重なVTRです。また、博士の助手のサカキにソガが「よく務まりますねえ」って、あまりの図星ぶりに思わず笑ってしまいます。それにしても、宇宙からの侵略者よりもこの一人の人物に目が移ってしまうあたり、20話にして早くもネタ切れ?・・・なんて、ね。


それはそうと、「核」研究というと今では「核兵器?」と思ってしまいますが、地球の中心の核のことのようです(どっちにしてもすごい研究だ!)。人体に感じない地震がごく一部の地域に頻発しているので、その調査にウルトラ警備隊も乗り出したというわけです。たしかに地震は怪獣のうごめきと関連性はあるとしても、ウルトラ警備隊が地震の観測もするとは・・・。


ところでイワムラ博士訪問の件はアンヌがダンを引き連れていくことで解決。この2人、カップルになるとしたらかなりの恐妻家?(笑)アンヌはまんざらでもなさそうだし、はじめからこうすればよかったのに・・・ついでに同行させられたフルハシの不快な表情は、実は博士よりも2人に挟まれる立場を敬遠していたりして(笑)。恐れながらもフルハシは、博士がサカキ助手を「優秀な科学者だ」とほめると、「博士の助手が務まるくらいなら何だって務まりますよう」なんて、強烈な皮肉のパンチをお見舞いします。「学者にだってなっちゃいますよ」と言っているようで笑えます。


このときイワムラ博士は女学生が持っていた赤い石を見て驚く。地球の核を構成する「ウルトニウム」だ・・・それがなぜここに。ウルトラ警備隊はここでマグマライザーを投入し地底調査にのりだす。いったい何を調査しようというのでしょう。前回マグマライザーは地底で足止めを食いましたよね・・・。今回も灼熱の地底へ無謀にも突進していき、異常な高温に悩まされます。本部からの連絡にも応答がない。ダンも乗るマグマライザーの危機にサカキは、心配するアンヌの横で「どろどろに溶けたかも」などと感情を逆なでするセリフ。


ここでサカキはアンヌに策略を・・・。博士の影を利用して博士が偽者であると思わせ、外へ連れ出します。ところが博士はサカキが持っていたという、謎の宇宙金属を発見するとその正体を暴き出す。


そう、このサカキこそが地球の核を奪って破滅させようとたくらむシャプレー星人であったのだ。しかし、なぜアンヌを連れ出そうと・・・?見るからに2枚目だし、アンヌも初対面のときから一目置いていたようだ。それに乗じてナンパを企てたが、いいところで博士に見破られたというわけなのでしょうか(笑)。それにしてもその正体の現し方といったらなかなかのもの。水戸黄門の印籠シーンや遠山の金さんにも負けない(笑)、堂々の登場です。


マグマライザーではすでに異常な高温の中、瀕死のフルハシ、アマギ。ダンも苦しそうだがこれは演技かも(熱には強いはずです)。すぐにセブンに変身してマグマライザーを救出します。ダンはここまでよく持ちこたえました。閉所内で他の隊員がいなければすぐにセブンに変身して難なく危機を脱したと思われますが、もしいよいよ彼らの生命に危険が迫ったら果たして人目をはばからずに変身したでしょうか?それとも以前あったように「すまん」といってパンチをお見舞いするのでしょうか(笑)。


とにもかくにもセブン登場にこぎつければ事件はあらかた決着したようなもの。天候を自在に操る怪獣ギラドラスも敵ではありません。ラストでまたしても隊長へ報告する場面、隊長のツッコミが入ります。そしてフルハシは罰ゲームといわんばかりの指令が・・・。まあ、朗らかに終わればほっとしますがね。


侵略者

  シャプレー星人(暗黒星人)

侵略目的

  地球の核を奪いに来た?(何のために?)

侵略方法

  核を奪って崩壊させる 

侵略アイテム

  変身・催眠術 怪獣ギラドラスは核の貯蔵庫

防衛軍の対策

  マグマライザーで地底調査


ウルトラセブン選集



ウルトラ警備隊のマーク入りのペンとメモセット。ファン必携の逸品です。